合宿免許スクール

合宿免許マスターへの道! はじめ先生の課外授業

合宿免許マスターへの道! はじめ先生の課外授業

合宿免許とバイトはどう両立させる?休む際の注意点と一時帰宅の方法!

記事カテゴリ

合宿生活

公開日:2019/07/19 更新日:-

バイトをしている人の中には、2週間の休みが取れるか分からず、合宿免許プランをあきらめるしかないと考えてしまう人がいるかもしれません。
確かにバイトといってもシフト制や昨今の人手不足で、まとまった休みを取るのも楽ではありませんね。

また、合宿免許期間中はバイトができませんので、お金のやりくりができるかどうか不安という人もいるでしょう。
実は、合宿免許プランの中にも様々な種類があり、その中に一時帰宅できるプランがあります。
合宿免許の期間中にどうしても帰宅しなければいけない用事があっても、この一時帰宅プランを活用すれば、教習を前半と後半の2回に分けることができます。

この記事では、バイトをしている人が仕事を休む際の注意点、そして一時帰宅する方法についてご紹介します。

合宿免許とバイトはどう両立させる?休む際の注意点と一時帰宅の方法!

合宿免許でバイトを休むときの注意点

合宿免許は約2週間必要

合宿免許は、短期集中型のプランで、ホテルに宿泊して教習を受けるというのが基本のスタイルです。
合宿免許プランを提供している教習所のほとんどが地方にあるため、多くの人は自宅から遠く離れた教習所に行くことになります。また、合宿免許の期間は約2週間であるため、バイトをしているのであれば2週間の休みを取らなければいけません。
合宿プランでは、スケジュールがあらかじめ決められており、途中外出ができない場合が多いのです。

休みたいことをバイト先に早めに伝える

バイトとはいえ、社会で働いていますので、できるだけ周りの同僚などに迷惑をかけたくないですよね。でも、合宿免許のほとんどのプランでは、約2週間の休みが必要となってしまいます。教習所の近くのホテルに宿泊して、集中して教習スケジュールを受講しないと最短で免許の取得はできません。
また、自宅から遠く離れた場所に教習所があることも多いので、バイトだけのために気軽に地元に戻るのも難しいでしょう。

ただ、免許取得は人生においても重要なイベントですが、バイト先に迷惑をかけないように注意する必要もあります。免許取得後もバイトを続けるのであれば、迷惑がかからないように対処することが、その後も気持ちよくバイトを続けるためのポイントです。バイトをしている人は、早めに合宿免許を予約してバイト先にスケジュールを伝えましょう。早めにバイト先に伝えておけば、人数の調整やシフトの調整などのスケジュール管理がしやすくなりますので、周りの人からの理解も得やすいです。
また、早めに教習所を予約すれば、早期予約割引も受けられる場合があります。バイト先に気持ちよく送り出してもらい、さらに費用も抑えられますので、まさに一石二鳥ですね。

バイト代が入らない期間があることに注意する

覚えておきたいのは、合宿期間中にはバイトを休んでしまうため、合宿免許の翌月の給料は少なくなってしまうこと。
合宿の費用でいつもよりも支出が多くなりますので、金銭的なやりくりに注意が必要です。合宿免許に参加する少し前からちょっとずつお金の支出を減らして、備えておくことも大切ですね。

教習所によっては、バイト付きプランを提供している教習所もあります。これは農作業などを手伝い、アルバイト代を合宿費用に充当できるプランです。

例えば、北海道の厚沢部町では、「0円免許合宿」プランを提供している自動車学校があります。野菜の収穫やその他の農作業を手伝い、アルバイト代を合宿費用に充てて、合宿の費用を抑えることが可能です。教習生は農業体験を行い、地元の方々との交流も楽しむことができるのもメリットの一つです。

このように、バイト代との相殺で合宿費用を抑えられるケースもあります。ただし、全国でこのようなプランを提供している教習所はまだ少ないのが現状です。興味のある人はぜひ調べてみてくださいね。

休めない場合は、一時帰宅できるプランを検討する

合宿免許の一時帰宅制度とは

合宿免許で一時帰宅は原則的にNGですが、一時帰宅制度を採用しているプランや教習所もあります。バイトやその他の用事で2週間程度の合宿に連続で参加することが難しい場合は、一時帰宅制度を活用してみるのはいかがでしょうか。

バイトでどうしても連続で休みが取れない、もしくは少しでも働かないとお金が苦しいという場合は、この一時帰宅期間でバイトに行くことが可能です。この一時帰宅できる期間・回数は教習所やプランによって異なりますが、大抵は2日間の一時帰宅を1回だけ認める場合が多いです。中には複数回一時帰宅可能なプランを提供している教習所がありますので、内容をよく確認してみましょう。

一時帰宅が認められるケース

例えば、会社や学校の予定で卒業式や内定式など欠席できない大切な行事がある場合、事前に教習所に申請しておくことで認められる場合があります。休むことができないバイトは、このケースに該当します。理由を伝えなければ、認められない場合ありますので注意が必要です。

対応はそれぞれの教習所によって異なりますので、不安な場合は申込み時点で免許の窓口で相談するようにしてください。教習が始まってから一時帰宅を申請しても対応してもらえないケースがありますので、必ず事前に教習所に伝えるようにしましょう。

その他にも、年末年始で教習所が休校になる場合、体調不良が生じた場合、仮免許学科試験に3回落ちた場合なども一時帰宅が認められるケースに該当します。中には、無条件で一時帰宅を認める教習所もあります。

合宿免許で一時帰宅する場合の注意点

免許取得までの期間が伸びる

一時帰宅をする場合は注意点があります。1つ目は合宿期間が延びることです。通常は2週間程度ですべての教習を修了できますが一時帰宅をするとその分だけ修了までの期間が延びてしまいます。
プランによっては、一時帰宅期間中も宿泊保証日数から消化されてしまう場合があり、教習がスムーズにいかずに保証日数を超えてしまうと、追加料金が発生してしまいますので注意が必要です。

交通費がかかる場合がある

2つ目に、交通費がかかってしまう場合があります。自宅から離れた教習所で合宿免許をすると、自宅まで帰るまでの交通費が別途余分にかかってしまうケースが生じます。交通費が支給されない場合、合宿所が家から遠いと数万円になることもあるので注意が必要です。バイトをするために一時帰宅をしたはずが、交通費の方が高くなってしまっては本末転倒ですね。

一時帰宅をするのであれば、交通費が支給されるかプラン内容をしておくと安心です。

この記事のまとめ

合宿免許スクールキャラクター:もみじ先生

早めの準備と行動が、合宿免許とバイト両立のポイント

合宿免許とバイトを両立させるためには、早めの準備や下調べが不可欠です。バイト先には迷惑をかけないよう、スケジュールが決まったらすぐに予定などを伝えるようにして理解を得るようにしましょう。
また、2週間のまとまった休みが取れない場合は一時帰宅プランを選択することになります。様々なプランがあるので、よく下調べをして自分に最適なプランを提供している教習所を探してみましょう。

記事カテゴリ

合宿生活

関連カテゴリ

新着課外授業

  • 前のページヘ

  • 次のページヘ

課外授業一覧はコチラ

課外授業一覧はコチラ

TOPへ戻る

合宿免許スクールの守り神「初心者マン」