合宿免許スクール

規制標示一覧

規制標示一覧です。
特定の交通方法の禁止や、特定の方法に従い通行するよう指定するものです。

転回禁止
車は転回してはいけません(数字は転回してはいけない時間を示します)
追い越しのための右側部分
はみ出し通行禁止

①A・Bどちらの部分を通行している車も、追い越しのため道路の右側部分にはみ出して通行してはいけません。

② Aの部分を通行している車は、追い越しのため道路の右側部分にはみ出して通行してはいけません。
進路変更禁止
①Aの車両通行帯を通行する車がBへ、Bの車両通行帯を通行する車がAへ進路を変えてはいません。

②Aの車両通行帯を通行する車はBへ進路を変えてはいけません。
駐停車禁止
車は駐車も停車もしてはいけません。
駐車禁止
車は駐車をしてはいけません。
最高速度
車と路面電車は、示された速度を超えて運転してはいけません。原動機付自転車やロープなどで他の車をけん引している自動車は、示された速度が法定速度を超えて運転してはいけません。
立ち入り禁止部分
車はこの標示の中に入ってはいけません。
停止禁止部分
車と路面電車は、前方の状況によってこの標示の中で停止する恐れのあるときは、この中に入ってはいけません。
路側帯
①歩行者と軽車両は通行できます。
②路側帯の幅が広い場合は、路側帯内に駐車できます。
駐停車禁止路側帯
①歩行者と軽車両は通行できます。
②車は路側帯に入って駐停車してはいけません。
歩行者用路側帯
①歩行者のみ通行できます。
②車は路側帯に入って駐停車してはいけません。
車両通行帯
①高速自動車国道の本線車道以外の道路の区間に設けられる車両通行帯

(1)ペイントかこれに類するものによるとき

(2)道路びょう、石か、これらに類するものによるとき

②高速自動車国道の本線車道に設けられる車両通行帯
優先本線車道
この標示がある本線車道と合流する前方の本線車道が優先道路であることを示します。
車両通行区分
車の種類別の通行区分を示します。車は指定された通行帯を通行しなければなりません。
特定の種類の車両の通行区分
大型貨物自動車、特定中型貨物自動車と大型特殊自動車は左から一番目の車両通行帯を通行しなければなりません。
けん引自動車の高速自動車国道通行区分
けん引自動車は示されている車両通行帯を通行しなければなりません。
専用通行帯
表示されている車の専用の通行帯を示します(この場合は7時から9時まで、バスの専用通行帯)。
路線バス等優先通行帯
路線バスなどの優先通行帯を示します(この場合は7時から9時まで)。
けん引自動車の自動車専用道路
けん引自動車は左から一番目の車両通行帯を通行しなければなりません。
進行方向別通行区分
車は交差点で進行する方向別に指定された車両通行帯を通行しなければなりません。
右左折の方法
①右折の方法 車が交差点で右折するときに通行しなければならない部分を示します。

②左折の方法 車は左折した後に通行する車両通行帯に入るように左折しなければなりません。
平行駐車
車は駐車するとき、区画された部分に入り、道路の側端に対して平行に止めなければなりません。
①1台のとき
②2台以上のとき
直角駐車
車は駐車するとき、区画された部分に入り、道路の側端に対して直角に止めなければなりません。
斜め駐車
車は駐車するとき、区画された部分に入り、道路の側端に対して斜めに止めなければなりません。
普通自転車歩道通行可
普通自転車は歩道を通行できます。
普通自転車の歩道通行部分
普通自転車が歩道を通行できることと、歩道を通行するとき、普通自転車が通行しなければならない部分を示します。
普通自転車の交差点進入禁止
普通自転車はこの標示を越えて交差点に進入してはいけません。
終わり
規制表示で示されている交通規制の区間の終わりを示します。
  • lineでシェア
前の月へ
2016年8月
次の月へ
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  • 簡単入力!最短1分無料で資料請求
  • カンタン!仮申込み
  • LINE@で合宿免許のお問い合わせ
  • 平嶋夏海×合宿免許スクールコラボ企画

  • 普通車 AT・MT
  • 普通二輪 大型二輪
  • 大型車・準中型車・中型車 大型特殊 けん引
  • 大型二種 中型二種 普通二種

全国の自動車学校・教習所

お役立ちコンテンツ

TOP